2018年 平成最後のプロ野球

プロ野球のシーズンも
終わりを告げようとしている

 

年間戦い抜いた選手たちに贈られる
選手個人賞の数々

 

シーズンは4月から10月だが

 

 

その体作り、練習。。。
などなどその他全てを含めれば

 

きっと体も心も休める暇なんてないのだろう

 

 

 

そしてプロ野球のNPB AWARDSが
27日、都内ホテルで行われ、
今季のMVP(最優秀選手賞)を発表。

 

セ・リーグは広島・丸佳浩外野手(29)が2年連続2度目

 

パ・リーグは西武・山川穂高内野手(27)が初選出された。

 

 丸は不動の3番としてチームの3連覇に貢献。
125試合に出場し、
打率・306、39本塁打、97打点、10盗塁。
本塁打と打点はいずれも自己最多をマークした。
丸の2年連続受賞は、
セでは08年と09年の巨人・ラミレス(現DeNA監督)以来、9年ぶり。

 

 

 一方、山川は開幕から全試合で4番を任され
チームを10年ぶりのリーグ制覇に導いた。
143試合に出場し、打率・281、47本塁打、124打点。
規格外のパワーで初の本塁打王に輝いた。
西武からのMVP選出は、02年のカブレラ以来、16年ぶりとなった。

 

 

広島・丸

「大変光栄に思っています。この賞を受賞できたのも日々、ご指導いただいています監督をはじめ、コーチのみなさん、そして選手をサポートしてくれるチームスタッフの皆さん、そして新井さんをはじめとするチームメートのみなさん、家族、ファンの方々の声援があったからこそ取れた賞だと思っています。来シーズンは、なかなかこういう賞を取ることは難しいと思いますが、またこの場に立てるようにまた頑張っていきたいです」

 

 

西武・山川

「まさかとれるとは思ってなかった。すごくうれしいです。来年もとれるように頑張りたいです」


【最優秀選手賞 (パ・リーグ)】
山川穂高(L)

【最優秀新人賞 (パ・リーグ)】

田中和基(E)

【公式記録賞(パ・リーグ投手部門)】
最多三振奪取投手賞:則本昂大(E)
最優秀中継ぎ投手賞:宮西尚生(F)
最多セーブ投手賞:森唯斗(H)
最多勝利投手賞:多和田真三郎(L)
最優秀防御率投手賞:岸孝之(E)

【公式記録賞(パ・リーグ打者部門)
最多盗塁者賞:西川遥輝(F)
最多打点者賞:浅村栄斗(L)
最多本塁打者賞:山川穂高(L)
最多安打者賞:秋山翔吾(L)
首位打者賞:柳田悠岐(H)

【連盟特別表彰(パ・リーグ)】
辻発彦監督(L)
松井稼頭央(L)

【正力松太郎賞】
工藤公康監督(H)

【ベストナイン賞(パ・リーグ)】
DH:近藤健介(F)
外野手:吉田正尚(Bs)
外野手:秋山翔吾(L)
外野手:柳田悠岐(H)
遊撃手:源田壮亮(L)
三塁手:松田宣浩(H)
二塁手:浅村栄斗(L)
一塁手:山川穂高(L)
捕手:森友哉(L)
投手:菊池雄星(L)

 

 

 

 

【最優秀選手賞 (セ・リーグ)】

丸佳浩(C)

【最優秀新人賞】

東克樹(DB)

【公式記録賞(セ・リーグ投手部門)】
最優秀中継ぎ投手賞:近藤一樹(S)
最多セーブ投手賞:山﨑康晃(DB)
勝率第一位投手賞・最多勝利投手賞:大瀬良大地(C)
最優秀防御率投手賞・最多勝利投手賞・最多三振奪取投手賞:菅野智之(G)

【公式記録賞(セ・リーグ打者部門)】
最多盗塁賞:山田哲人(S)
最高出塁者賞:丸佳浩(C)

【連盟特別表彰(セ・リーグ)】
リーグ特別賞:山田哲人(S)
最優秀監督賞:緒方孝市監督(C)
功労賞:新井貴浩(C)
功労賞:杉内俊哉(G)
功労賞:山口鉄也(G)
功労賞:荒木雅博(D)
功労賞:岩瀬仁紀(D)

【コミッショナー特別表彰】
岩瀬仁紀(D)

【沢村栄治賞】
菅野智之(G)

【ベストナイン賞(セ・リーグ)】
外野手:鈴木誠也(C)
外野手:丸佳浩(C)
遊撃手:坂本勇人(G)
三塁手:宮﨑敏郎(DB)
二塁手:山田哲人(S)
捕手:會澤翼(C)
投手:菅野智之(G)

優勝したチームから選ばれるのは当然のこと
その錚々たる面々には
日本の誇りだと思うほど素晴らしい面々である。

コレを見ているだけでも
来シーズンも
楽しみになってきますよね♪

以上
スタッフ山田でしたm(_ _)m

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)