レジェンド葛西、そしてやってくれたキングカズ!!!【アロマグランデ品川】

平昌オリンピックで盛り上がっている日本ですが、そんな中“キング”カズに栄誉です!!!

 

「リーグ戦で得点を決めた最年長のプロサッカー選手」として、ギネス世界記録の認定証を授与されました。

 

フットボールチャンネルによると、

「横浜FCの三浦知良の得点が15日、「ギネス世界記録」に認定された。2018Jリーグキックオフカンファレンスの中で発表されている。認定の対象となったのは、昨年3月12日の明治安田生命J2リーグ第3節・ザスパクサツ群馬戦で決めたゴールだ。これが「Oldest professional football player to score a competitive league goal(リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手)」となり、今回のギネス世界記録認定となった。この時のカズの年齢は50歳14日だった」

とのことです。

まだまだ現役生活を続けるキングカズにとっては、自身の持つ記録の更新も視野に入っているかもしれません。

 

オリンピックでは、8回目の出場となる“レジェンド”葛西の活躍も期待されます!!!

1988年から日本代表として国際大会に出場している葛西選手、まさに“レジェンド”です。

 

“キング”と“レジェンド”

 

衰えることなく日本を鼓舞し続ける大先輩たちに、最近股関節に違和感を感じているスタッフ藤木(31歳)も負けていられません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)